迷った時はここの焚き火台を見て!ファミリーキャンパーにおすすめの焚き火台

この記事では
✅焚き火台についての解説
✅ファミリーキャンプでおすすめの焚き火台

をお伝えします

 

アウトドアブームによって沢山のブランドから様々なキャンプアイテムがリリースされている昨今

選択肢が増えることはとても嬉しいですが、選択肢が沢山あるのも嬉しい悲鳴です。

結局、嬉しいんですけどね😊

沢山のアイテムがあれば、納得のお気に入りアイテムを見つける確率も高くなります。

しかし

沢山あるだけに、お気に入りのアイテムに出会うまでには疲れ切ってしまっている確率も高くなってしまいます。

疲れていると

「もう、これで良いや。」

となってしまいます。

そうなると

それほどお気に入りでもないアイテムなので使う回数は少なくなります。

最終的にはお蔵入り😱

なんてことも考えられます。

そしてこれは

焚き火台でも起こり得ます。

焚き火台は今では沢山のブランドからリリースされています。

選んでいるだけでも楽しいですが、いざ買おうとなると沢山ありすぎて疲れてしまいます。

そして

「もう、これでいいや。」

となってしまう可能性があります。

そうなっては欲しくありません。

この記事では、沢山ある焚き火台の中でも

ファミリーキャンプに絞って

おすすめの焚き火台を紹介します。

焚き火台を考えているファミリキャンパーの参考になればと思います。


焚き火台とは

焚き火をする時に使用する台のことです(←当たり前ですね💧)

焚き火台があれば、ある程度のキャンプ場(焚き火禁止でなければ)で焚き火を楽しむことができます。

焚き火台には観賞用と焚き火台の他にBBQや焼き鳥ができる焚き火もあります。

焚き火台プラスαの焚き火台です。

焚き火台は直火に比べ片付けも楽に行えます。

一台持っているだけでキャンプの楽しみの幅がグッ👍と広がります。

焚き火台についてはこちらをどうぞ

ファミリーキャンパーおすすめの焚き火台

おすすめ焚き火台プラスα 8選

おすすめ1

ヘキサステンレスファイアグリル(CAPTAIN STAG)


スペック
サイズ
組み立て時(約):幅47.5cm×奥行41.0cm×高さ30.0cm
収納サイズ(約):57.0cm×47.0cm×厚さ6.0cm
重さ(約):3.8kg
スペックはCAPTAIN STAG公式ホームページを参考にしています。

特徴
✅一台三役
✅太めの薪でも余裕で入る
✅収納時はとても薄くなり積載に優しい
✅灰受けの穴が広い、ロストルの網目も広い
✅コスパがとても高い

 

一台三役
一台で焚き火、バーベキュー、ダッチオーブンが使え楽しみの幅が広いです。
欲張りに楽しみたい方には打って付けの焚き火台です。
太めの薪でも余裕で入る
幅が47.5cm奥行きが41cmととても広い口となっているので、太めの薪を入れても窮屈な感じはありません。ガンガン焚き火を楽しむことができます。
収納時はとても薄くなり積載に優しい
収納時は厚さが6cmしかありません。
とても薄くなるので、積載時には隙間に入れることができるので、積載にとても優しいです。

灰受けの穴が広いがロストルの網目も広い
ロストルの網目が広いため、小さい薪が落ちてしまうことがあります。
また、灰受けの穴も大きくそこから灰が下に落ちてしまうといこともありますが、みなさん色々と工夫されています。
ですが、そこまで

コスパがとても高い
一台三役でありながら、収納時はとても薄く積載に優しい、焼き網も付属していますし、
なんと
収納袋も付属されています。
これだけありながら1万円を切るとはコスパとても高いです。

私も使っている焚き火台
本当におすすめです。
これよりも一回り小さいサイズもありますが、ファミリーで使用するなら断然こちらのM-6500の方が使い勝手は良いです。
一回り小さいサイズはこちら

ヘキサステンレスファイアグリル(M)


スペック
サイズ(約):幅30cm×奥行26.5cm×高さ22cm網サイズ(約)28.5cm×25.5cm
収納サイズ(約):幅35cm×奥行33cm×厚さ5.5cm
重さ:1.8kg

 

そしてこのヘキサステンレスフィアグリルにはブラックカラーもあるのです❗️

ヘキサステンレスファイアグリル、ヘキサステンレスファイアグリル(M)とサイズは同じです。

CSブラックラベル ヘキサステンレスファイアグリル

 

Mサイズももちろんあります。

CSブラックラベル ヘキサステンレス ファイアグリル <M>

 

おすすめ2

ファイアグリル(UNIFLAME)


サイズ
使用時(約):幅43cm×奥行き43cm×高さ33cm(網高)cm
収納時(約):幅38cm×奥行き38cm×高さ7cm
重さ(約):2.7kg
分散耐荷重(約):20kg

スペックはUMIFLAME公式ホームページを参考にしています。
特徴
✅炭の調節がしやすい
✅高耐久性
✅高強度
✅被りにくいデザイン
✅高コスパ

 

炭の調節がしやすい
網と炉の間のスペースが広く、BBQの時には網を外すことなく炭を追加できます。
焼き網は付属しています。

高耐久性
何年使っても壊れない程の高い耐久性を持っています。

高強度
ダッチオーブンを乗せてもびくともしないほどのバランスと強度を持っています。
ダッチオーブンが使えると料理の幅もぐんと広がります😊

被りにくいデザイン
他ブランドではみられない割と高目で焚き火を行う作りになっています。
そのため、被りにくいデザインになっています。

高コスパ
全てにおいて高い次元で完成されているようにすら感じる焚き火台です。
その焚き火台が1万円を切るなんて高コスパ以外の何者でもありません。
残念ながら、収納袋は付属していません💧
それでも、おすすめできる焚き火台です。

色々なサイトでも紹介をされており、多くの方が満足されている焚き火台です。

迷われたなら買っておけば間違いない焚き火台ですね😊

ただ人気なだけにファイアグリルで被る可能性は大いにありますが💧

おすすめ3

cocomi-black fire(新星金属製作所)


cacomi black fire / コンパクト 焚き火台 黒皮鉄 / 組立15秒 簡単 はめ込み 軽量 / アウトドアコンロ キャンプ BBQ 防災 家キャン

スペック
サイズ
組み立て時(約):幅43cm×奥行32.5cm×高さ25cm
収納時(約):幅35cm×奥行26.5cm×厚さ3cm
重さ(約):4kg
ロストル2個(約):幅19cm×奥行17cm×厚さ2cm
構成:本体1台、ロストル2個、ビニールケース1個
スペックはAy store 楽天市場店を参考にしています。

特徴
✅超早組み立て
✅コンパクト収納
✅調理も考えられている設計
✅40cmの薪が入る
✅格好良いデザイン
✅風が強いと灰が舞いそう

 

超早組み立て
組み立てが15秒で完了という早すぎるくらいの簡単組み立てとなっています。
本体を開いてロストルを乗せれば完成という組み立て方となっています。
すぐに焚き火したい方にはおすすめです❗️
だって15秒で組み上がってしまうんですからね😊

コンパクト収納
収納時はB4サイズのビニールケースに入れることができます。
かなりコンパクトに
収納できるので積載にはとても優しいですね☺️
なんと収納袋としてビニールケースが付属されています❗️これは嬉しい😆

調理も考えられている設計
鉄製の受けに突起がついており、ギザギザしているため、網やフライパンがズレにくい作りになっています。
このようなちょっとした気遣いがとても使う側としてはありがたいですね😊
ただ、焼き網は付属していませんが、100円ショップでも網は売っているので手軽に準備はできます。
受けがあるのでフライパン等も楽に置くことができます。

40cmの薪が入る
40cmもある薪を割ることなく入れることができます。
これだけ余裕で薪を入れられるので、お子さんに薪を入れてもらう時に小さくする必要がなく、薪を焼べる楽しさを簡単に体験してもらえます。

格好良いデザイン
見た目もブラックでシンプルでありながら、どこか遊び心がある焚き火台です。
炎の絵がくり抜かれているのもまた良いですね。

風が強いと灰が舞いそう
ロストルはフラットな作りになっているので、風が吹くと灰を舞上げてしまいそうです。
風防があると少しは軽減できると思います。

おすすめ4

cocomi black 3ways(新星金属製作所)


cacomi black 3ways / 高さ変更可能!!/ 組立15秒 簡単 はめ込み コンパクト / 焚き火台 アウトドアコンロ /キャンプ BBQ 防災

スペック
サイズ
組立時(約):幅46cm×奥行30cm×高さ24cm
収納時(約):幅35cm×奥行30cm×厚さ2.5cm
重さ(約):5.0kg
構成:本体1台、ビニールケース1個

スペックはAy store 楽天市場店を参考にしています。

特徴
✅組み立て15秒
✅高さを変更可能
✅コンパクト収納
✅調理も考えられている設計
✅格好良いデザイン

 

組み立て15秒
製品自体は嵌め込み式なので特に迷うことなく組み立てることができるようになっています。
組み立てが15秒と、とても簡単組み立てられます。忙しい時でもササッと組み立てられるのは、ファミリーキャンパーとしては嬉しいですね。

高さを変更可能
3段階に高さを変更できます。
上段の使用→炭火、中段→焚き火、下段→キャンプファイヤーとして高さによって使用用途があるようです。
3つの火の楽しみ方ができます。まさに火の一台三役❗️

コンパクト収納
収納時には付属の収納袋に入れますが、その大きさがA3サイズとのこと。
焚き火台の中でもA3サイズはコンパクトな方に入ります。

調理も考えられている設計
受けがギザギザになっているため、調理器具がズレにくいように工夫されています。
ただ焼き網は付属していません。
しかし、100円ショップ等でも購入できるので、そこまでハードルは高くないです。

格好良いデザイン
デザインがとても格好良いです。
脚の部分も頑丈に作り込まれている印象があり、安心して使用できると思います。

先ほどご紹介したcocomi-black firemと同じブランドの焚き火台です。

とてもシンプルな作りで、組み立ても簡単でファミリキャンパーには嬉しいことが沢山です。

ただ、焼き網が付いていないのは痛いところ。

それでも、それをカバーしてしまうくらいの組み立て15秒は替え難いメリットです。

おすすめ5

LOGOS the ピラミッドTAKIBI L(LOGOS)

サイズ
組み立て時(約):幅39×奥行38.5×高さ28cm
収納時(約):幅42×奥行26.5×厚さ7.5cm
重さ(約):3.1kg
構成:本体、焚火ゴトク(串焼きプレート付)、ワイヤーロストル、収納バッグ
スペックはロゴス公式オンライン店を参考にしています。

特徴
✅組み立てが簡単
✅網はないけどゴトクがあるので調理はできる
✅豊富なオプションパーツ
✅あるようでなかったデザイン
✅ダッチオーブンがそのまま乗せられる
✅幅広いサイズ展開
✅灰受けが若干小さい

 

組み立てが簡単
公式オンライショップでは組み立てが10秒となっています。
それだけ、簡単に組み立てることができます。

網はないけどゴトクがあるので調理はできる
網は付属されていませんが、ゴトクがあるので、フライパンを使った調理はできます。
また、串焼きプレートも付属されていますので、串焼きを買ったその日にできます❗️
串焼きプレートがついている焚き火台は他には見たことがありません。

豊富なオプションパーツ
焚き火台を買い使い始めると「あんなものやこんなものがあったら料理の幅も広がるのになぁ」と思う時があります。
この焚き火台には専用のオプションパーツが沢山あります。
やりたいことに合ったパーツを買い足して行くのも楽しいと思います😊

あるようでなかったデザイン
一見あるようでないデザイン
他の似たような焚き火台は使いたくないなという方には打って付けです。
ただ、この焚き火台自体が人気なので被ってしまう可能性はあります💧

ダッチオーブンがそのまま乗せられる
焚き火を入れるところが広いため、ダッチオーブンをそのまま入れることができます。
また、ダッチオーブンを受け止められる程の頑丈さがあります。

幅広いサイズ展開
この焚き火台にはサイズがまだあります。
サイズ展開はM、L、XLとなっています。
Mは小さく2人位で使うのに丁度良いです。ファミリーですと物足りない感じがします。
Lはファミリーにちょうど良いサイズです。
XLは大人数に対応しています。
ファミリーでも大きいものを使いたい方にはおすすめです。

ピラミッドTAKIBI M

スペック
サイズ
組み立て時(約):幅36×奥行35×高さ22cm
収納時(約):幅35×奥行19.5×厚さ7cm
重さ(約):2.2kg
構成:本体、焚火ゴトク(串焼きプレート付)、ワイヤーロストル、収納バッグ

 

ピラミッドTAKIBI XL


サイズ
組み立て時(約):幅53.5×奥行52.5×高さ32cm
収納時(約):幅53×奥行35×厚さ8cm
重さ(約):5.4kg
構成:本体、焚火ゴトク(串焼きプレート付)、ワイヤーロストル、収納バッグ

 

masa2525
masa2525
我が家はMサイズを持っています❗️

灰受けが若干小さい
灰を受けるところが若干小さく感じます。
沢山焚き火をされる方は気をつけたほうが良さそうです❗️

有名でファミリーにも人気なアウトドアブランドLOGOSさん

歴史もあり、とても使い勝手の面白いアイテムを沢山リリースされています。

ピラミッドTAKIBIは薪を入れるところが少し浅くなっていますが、薪を立てて入れる方法で焚き火を行うので、それほど気にはならないと思います。

薪を縦に入れることで、火柱も縦に立ち綺麗な炎🔥を作ることができます。

観賞用としても完成度が高い焚き火台です。

おすすめ6

焚き火 LOTUS(BUNDOK)

スペック
サイズ
組み立て時(約):幅37cm×奥行37cm×高さ31cm
収納時(約):幅33cm×奥行24cm×厚さ3cm
重さ(約):1.0Kg
構成:本体、焼き網、収納ケース、取扱説明書
スペックは株式会社カワセ公式ホームページを参考にしています。

特徴
✅超軽量
✅頑丈
✅焼き網付属
✅コンパクト

 

超軽量
重さ脅威の1kg
この大きさで1kgは超軽量と言っても良いと思います。
持ち運びがとても簡単に行えます。
大きさはファミリーには少し物足りないかもしれません💧が大きさを犠牲にしても、この軽さは買う価値はあります。

頑丈
一見華奢に見えますが、ダッチオーブンを置くことができるほどの頑丈さを持っています。

焼き網付属
焼き網が付属しているので、買ったその日からBBQを楽しむことができます。
網が半分しかなく約面積は減ってしまいますが、その分追加の炭が入れやすくなっています。

コンパクト
厚さ3cmととてもコンパクトに収納できます。幅は33cmありますが、それほど気にはならいと思います。
積載には優しいです。

ソロキャンプ用品を多く扱っているイメージがあるBUNDOKさんですが、ファミリー用のアイテムも出されています。
今回の焚き火台は少しファミリーにしたら小ぶりですが、それほど気にはならないと思います。

おすすめ7

卓上バーベキューコンロ 焚火台5-6人位(camping moon)


スペック
サイズ
組み立て時(約):幅49cm×奥行34㎝×高さ26cm
収納時(約):幅49cm×奥行17cm×厚さ11.5cm
重さ(約):4.3kg
構成:焚き火台フレーム、スタンド、焼き網、ロストル、灰受け、収納袋
スペックはcamping moon公式ホームページを参考にしています。

特徴
✅余裕のある大きさ
✅網の高さ2段階
✅頑丈

 

余裕のある大きさ
幅49cm、奥行34㎝とファミリーには十分な大きさとなっています。
これだけあると、薪も簡単に入れられます。

網の高さ2段階
網の高さを2段階に調整できます。
好きな焼き加減にすることができるので便利です。

頑丈
ダッチオーブンを乗せることができるほど頑丈になっています。
網にダッチオーブンを乗せると網が変形すると思うので、薪を入れるところへ直接ダッチオーブンを乗せる形になると思います。

5〜6人用とファミリーで使用するには十分な大きさを持つ焚き火台です。

卓上と謳っていますが、卓上にしては大きいと思います💧

網が2段階調整できるのは便利ですね。

camping moonさんではこのバーベキューコンロのサイズが豊富に揃っています。

卓上バーベキューコンロ 焚火台 3-4人位(camping moon)


スペック
サイズ
組み立て時(約):幅35cm×奥行34cm×高さ26cm
収納時(約):幅35cm×縦20cm×厚み9cm
重さ(約):3.5kg
構成:焚き火台、フレーム、焼き網、ロストル、灰受け、収納袋

 

バーベキューコンロ 焚き火台 4-5人位(camping moon)


スペック
サイズ
組み立て時(約):幅36cm×奥行35.5㎝×高さ32cm
収納時(約):幅39.5cm×縦23cm×厚み11.5cm
重さ(約):5.2kg
構成:焚き火台本体、灰受け、土台スタンド、長め金網×2、グリルブリッジ、ロストル

 

一見某有名ブランドの焚き火台に似ていますが、OEM制作をされていたので似たような商品があってもおかしくはないと思います。

色々なブランドの良いところ組み合わせているように見えるので、これはこれで使い勝手が良さそうな焚き火台です😊

ファミリー用としてはこちらのサイズでも良いと思います❗️

おすすめ8

ステンレスファイアープレイスⅢ(coleman)


スペック
サイズ
組み立て時(約):幅41.5cm×奥行46.5cm×高さ34.5cm
収納時(約):幅41.5cm×奥行き30.5cm×厚さ15.5cm
重さ(約):5.7kg
構成:本体、焼き網、収納ケース
スペックはcoleman公式オンラインショップを参考にしています。

特徴
✅頑丈
✅格好良い見た目
✅燃焼効率が高い設計

 

頑丈
ダッチオーブンを載せられる程の強度を持っています。
厚みのある素材を使って作り込まれているため、見た目も頑丈そうです。

格好良いデザイン

一風変わった見た目ですが、どのようなキャンプスタイルにも合う格好良い作りになっています。
焚き火や調理をするのが楽しくなるようなデザインとなっています。

燃焼効率が高い設計
井げた式に焚き火台を作ることで、燃焼効率をあげています。

有名アウトドアブランドコールマンさんからリリースされている焚き火台です。

見た目もアウトドア感満載の焚き火台なので、焚き火をする前からワクワクしてしまうこと間違いなし❗️

ダッチオーブンも載せられるほどの頑丈さがあるので、きっと調理の幅も広がります。

おすすめ焚き火専用焚き火台 5選

おすすめ1

メッシュ式焚き火台

メッシュ型の焚き火台は色々なブランドからリリースされています。

その中でも特に注目していただきたいメッシュ型焚き火台をご紹介します。

メッシュファイアスタンド(UJack)

スペック
サイズ

組み立て時(約):幅41.5cm×奥行41.5cm×高さ32cm
収納時(約):約直径7cm×長さ64cm
重さ(約):960g
構成:スタンド、メッシュシート、収納ケース

スペックはUJack公式ホームページを参考にしています。

特徴
✅脅威の1kg切り
✅最大5kgの薪を支える頑丈さ
✅収納ケース付き

 

脅威の1kg切り
重さがなんと1kgを切っています。
これだけの軽さでればリュックに入れてもそれほど気になりません。
荷物が多くなってしまうファミリーキャンプでは積載にとても優しい上に組み立ても簡単❗️

最大5kgの薪を支える頑丈さ
薪で5kgというと相当乗せることができ、それだけの頑丈さを持っています。
ランタンスタンドで高コスパのUJackさん焚き火台もリリースされており、そのスペックがっても高コスパを実現できています。
これだけの軽さとコンパクトさであればどこでも気軽に持っていけます。

収納ケース付き
UJackさんのロゴが入ったお洒落な収納ケースが付属されています。
片付ける場所が決められるので、収納ケースがあるのはとてもありがたいです❗️

おすすめ2

 焚き火台 メッシュ(Sitengle)

スペック
サイズ
組み立て時(約):幅41.5×奥行41.5×高さ34cm
収納時(約):幅10cm×奥行10cm×長さ24cm
重さ:800g
構成:収納バッグ、スタンド、脚8本、メッシュシート2枚、ピン8個
スペックはSitengle amazon 販売ページを参考にしています。
特徴
✅組み立てが簡単
✅軽量
✅シートが2枚
✅コンパクト

 

組み立てが簡単
フレームは直感的に組み立てることができます。
シートとフレームを連結する部分はピンによって連結します。
強度を重視したため、若干組み立てにちからが必要になります。

軽量
先ほどご紹介したUJACKさんの焚き火台よりもさらに軽くなっています。
軽い上に強度があるのは嬉しいポイント

シートが2枚
シートが2枚あるのは嬉しい❗️
もしも破れてしまった場合にも替えがすぐにあるので、困ることは減りそうですね❗️
そもそも簡単には破れないとは思いますが💧

コンパクト
こちらもとてもコンパクトに収納できます。
そして、収納バッグも付属されているのはとてもありがたいですね。

おすすめ3

ナバホ柄焚き火台(FUTURE FOX)

【お買い物マラソン限定 対象商品ポイント10倍】 FUTURE FOX 焚き火台 ナバホ柄 焚火台 たき火台 焚き火 たき火 45cm×45cm×19.5cm 【南信州発アウトドアブランド】

スペック
サイズ
本体:幅45cm×奥行45cm×高さ19.5cm
脚部:幅43cm×奥行43cm×高さ18.5cm
五徳:幅45cm×奥行24cm

重さ
本体:約2.5kg
脚部:約1.6kg
五徳:約940g
収納時:4kg

スペックはFUTUREFOX公式ホームページを参考にしています。

特徴
✅組み立て簡単
✅薪をガンガン焼べられる
✅燃焼効率が良い
✅お洒落な見た目
✅収納袋付き
✅折りたたみはできない

 

組み立て簡単
組み立ては脚に本体を乗せるだけで完成と簡単に組み立てができます。

薪をガンガン焼べられる
直径45cmの焚き火台なので、薪をガンガン入れることができます。
沢山薪を燃やしたい方には打って付けですね❗️
お子様も薪を簡単にくべられます。

燃焼効率が良い
ナバホ柄全てが通気口になるので、新しい空気が常に入ってくるイメージです。
とても燃焼効率は良くなりますね❗️

お洒落な見た目
見た目のインパクトは最高です❗️
それでいて、ナバホ柄なのでお洒落❗️
焚き火をしても絵になりますが、焚き火をしなくてもとても絵になる焚き火台です。
サイトにおいてあったら注目の的でしょうね😊

収納袋付き
収納袋がついています。
袋には本体、脚、五徳全てを収納できます。
これは便利❗️

折りたたみはできない
残念ながら折りたたみができません。
完全に積載は圧迫されてしまいします。
それを考慮しても所有欲は見立てしてくれます。
積載と保管場所に余裕があれば欲しい一台です😅

FUTUREFOXさんは2020年にからスタートした信州発のアウトドアブランドです。
とても新しいブランドなので今後のアイテムが気になるところです。

おすすめ4

聖火焚火台(M)(Onway)

スペック
サイズ
組み立て時:幅38cm×奥行33.5cm×高さ28cm
収納時:幅45cm×奥行43cm×高さ6cm
重さ:3.2kg
耐荷重:10kg

スペックはOnway公式ホームページを参考にしています。

特徴
✅他にはないデザイン
✅組み立て簡単
✅コンパクト収納

 

他にはないデザイン
他ブランドにはないデザインの焚き火台です。
サイトにおいてあったら、二度見してしまう程美しい作りになっています。
大きさもファミリーで使うにはちょうど良い大きさです。
これで調理のイメージはなかなかできませんね💧
本当に
焚き火専用って感じがします。

組み立て簡単
6枚の板を螺旋状に組んであり、組み立てはワンアクションで行えます。
サイトについたらサッと組み立てられて良いです❗️

コンパクト収納
収納時、幅や奥行きがありますが、高さが6cmとかなり薄くなるので、積載には優しいです。
収納袋も付属しているので、片付けも楽々行えます。

美しいフォルムをしており、焚き火をするのが待ち遠しくさせてくれますね。
焚き火台と炎でどんな絵を見せてくれるのかワクワクしますね😊

おすすめ5

ラウンド ファイアピット(CAPTAINSTAG)


スペック
使用サイズ(約):外径56cm×高さ40cm、焼き面の高さ:23cm、網サイズ:外径52cm
収納サイズ(約):外径56cm×高さ17cm
重さ:3.6kg

スペックはCAPTAINSTAG公式ホームページを参考にしています。

特徴
✅お洒落な見た目
✅組み立て簡単
✅メッシュフード付き

 

お洒落な見た目
焚き火台で検索してもあまり見かけない焚き火台です。
大きさもファミリーにはちょうど良い大きさです。

組み立て簡単
足を広げれば完成なので、とても簡単。その分少し嵩張りますが💧

メッシュフード付き
この焚き火台の特徴として、メッシュフードがついているところです。
これがあることで、灰や火の粉の飛び散りを軽減してくれます。
火の粉が気になる方やお子様に火の粉がかかるのを気にされる方にはおすすめできる焚き火台です。

老舗アウトドアブランドのCAPTAINSTAGさんからリリースされているアイテムなので、コスパは高いです。

まとめ

焚き火台はなくてもキャンプは楽しめます。

しかし

焚き火台があるとキャンプの楽しさは何倍にもなります。

中には焚き火をするためにキャンプをされる方もいらっしゃいます😊

焚き火は癒し効果もあると言われているので是非焚き火をしてほしいとも思っています。

また、お子さんにも焚き火を通して

火の楽しさやひの怖さ、火の扱い方

を伝えて欲しいと思います😊

では、いざ焚き火台を探すとなると沢山あってどれを選んだら良いか迷ってしまいます。

探すだけで疲れてしまい、お気に入りの焚き火台へ巡り合う前に諦めてしまうかもしれません。

そんな時は、是非この記事でご紹介した焚き火台を参考にしてください。

お気に入りの焚き火台を持ってキャンプをより楽しいものにしてください😊

そして

焚き火をしたという思い出をお子さんにもさせてあげてください😊

✨笑顔のあるCAMP LIFEを✨

 

この記事でご紹介した焚き火台

 

ヘキサステンレスファイアグリル(CAPTAIN STAG)

 

ヘキサステンレスファイアグリル(M)

 

CSブラックラベル ヘキサステンレスファイアグリル

 

CSブラックラベル ヘキサステンレス ファイアグリル <M>

 

ファイアグリル(UNIFLAME)

 

 

 

LOGOS the ピラミッドTAKIBI L(LOGOS)

 

ピラミッドTAKIBI M

 

ピラミッドTAKIBI XL

 

焚き火 LOTUS(BUNDOK)

 

卓上バーベキューコンロ 焚火台5-6人位(camping moon)

 

卓上バーベキューコンロ 焚火台 3-4人位(camping moon)

 

バーベキューコンロ 焚き火台 4-5人位(camping moon)

 

ステンレスファイアープレイスⅢ(coleman)

 

メッシュファイアスタンド(UJack)

 

 焚き火台 メッシュ(Sitengle)

 

 

聖火焚火台(M)(Onway)

 

ラウンド ファイアピット(CAPTAINSTAG)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA