ランタンの置き場に困ったらランタンスタンドが超便利❗️ランタンスタンドの魅力をご紹介します。

この記事では
✅ランタンスタンドについて、ランタンスタンドそのもの解説や種類、使い方の解説

をお伝えします

 

キャンプをしていて、夜はランタンやライトが必須アイテムです。

ランタンを直置きしても良いですが、直置きしてしまうと広範囲を照らすことができません。

広範囲を照らせるランタンを持っていても直置きではその性能は十分には発揮できません。

そんな時に活躍するアイテムがランタンスタンド(ハンガー、ポール)です。

ただそれだけのためにアイテムが必要なのかと言われると

必要です‼️

と答えられます。

そんなランタンスタンドの魅力をご紹介します。

ランタンスタンド(ハンガー、ポール)とは

ランタンスタンドはランタンを高い位置に吊るしてあげるスタンドのことです。

高い位置にランタンを吊るすことで、広範囲を照らすことができます。

おすすめのランタンスタンド(ポール、ハンガー)はこちら

ランタンスタンドの魅力

高いところから広範囲を照らせます

キャンプの夜は真っ暗なところが殆どです。

照らせる範囲が狭いと主に近くのものしか照らすことができず、周りに何があるかわかりにくく危険です。

ソロキャンプであれば、そこまで広範囲を照らす必要はないかもしれませんが、ファミリーキャンプですと、小さいお子さんもいらっしゃいます。

暗いと所在を確認しにくいですし、お子さん自身もロープ等につまずきやすく事故になりやすいです。

高い場所からランタンの灯りを灯す重要性はここにあります。

キャンプ場によっては、サイト近くに高い木などがありランタンを設置できるかもしれません。しかし、そんなところは稀です💧

そんな時に

ランタンスタンド

がとても重宝します。

ランタンスタンドがあれば、どこでも(もちろん足場がしっかりしいるところは大前提です💦)高い位置からランタンを灯すことができます。

ブランドにもよりますが、高さを調整できるタイプが多くありますので、好きな高さからランタンを灯すこともできます。

ランタンスタンドの種類

種類
✅三脚タイプ
✅一脚(打ち込み)タイプ
✅ポールに巻き付けるタイプ(はんがータイプ)
クランプ式

 

主に4種類あります。

三脚タイプの特徴
✅設置が簡単
✅安定感がある
✅地面が安定していればどこでも設置

スタンドによっては、お子さんがつまずき易い

設置が簡単
三脚タイプは足を広げればすぐに設置できます。また、三点で地面を捉えているので安定感があります。

安定感がある
三点で地面を捉えていることから、どこでも設置することができます。地面の状態を機にすることなく使うことができます。

地面が安定していればどこでも設置
地面が安定さえしていれば、どこでも設置は可能です❗️

スタンドによっては、お子さんがつまずき易い
形状にもよりますが、足をひっかけてしまう恐れもあるので、お子様がいる場合はスタンドの周りに行かないように注意が必要です⚠️

一脚(打ち込み)タイプの特徴
✅見栄えが良い
✅ポールの足下がスッキリ
✅積載に優しい

打ち込む場所を選ぶ
✅打ち込まないと自立しない

 

見栄えが良い
一本のポールが打ち込まれているので、スッキリとしており見栄えがとても良いです😊

ポールの足下がスッキリ
地面に打ち込んでポールを安定させるので、足下がスッキリしており、つまずきにくいです。

積載に優しい
一本のポールでランタンを吊るせるので、スッキリとしており、見栄えが良く、三脚タイプに比べ収納時は一本のポールなので積載に優しいです。

打ち込む場所を選ぶ
柔らかい地面だと固定力が弱く、倒れてしまう恐れがあります。
ある程度固定力がある地面か深めに打ち込む必要があります。

打ち込まないと自立しない
打ち込み式の一番残念な点かもしれませんが、打ち込まないと自立しません。
ランタンスタンドは脚を広げれば設置できますが、打ち込み式はその名の通り打ち込まないと自立しません。
そこは打ち込み式の宿命ですね😅

☝️硬い場合は先に鍛造ペグで設置場所に打ち込穴を開ける。柔らかい場合はいつもよりも深めに打ち込むなどの対策が必要です❗️

ポールに巻きつけるタイプの特徴
✅収納コンパクト、積載に超優しい
✅ポールがあればどこでも設置が可能
ポールがないと付けられない
✅吊り下られる強度がポールも関係してくる

 

収納コンパクト、積載に超優しい
ポールへ巻きつけるので、ランタンを吊るす部分のみになっています。そのため、とてもコンパクトに持っていけます。

あまりにもコンパクトすぎるので、うっかりしていると「どこ行った💦」となってしまいます。

保管場所はしっかりと決めておいたほうが良いです⚠️

ポールがあればどこでも設置が可能
ポールがあり、巻き付けられる太さであればどこでも吊るせるので、とても便利です❗️
☝️ただ、ポールが安定していることが前提です💦

ポールがないと付けられない
大前提として、ポール等の巻きつける物がないと設置できません💦

吊り下られる強度がポールも関係してくる
ポールに強度がなければ倒れてしまいます。巻きつけるポールなどの強度も関係してくるので、しっかりと立っているポール等に巻き付けましょう❗️

コンパクトなので、複数個持っていれば、ランタン以外の物も吊るせるのであると重宝するアイテムです。

クランプ式の特徴
✅従来のランタンスタンドよりもコンパクト
✅安定したテーブル等があればランタンスタンドを設置できる
✅テーブル等の近くに設置するため頭上注意
✅ランタンスタンドを固定する側の安定性に左右される

 

近年登場したクランプ式のランタンスタンドです。

従来のランタンスタンドよりもコンパクト
従来はポールの下に三脚あるタイプや打ち込んで固定するタイプはポールの長さの分だけですが、このクランプ式はポールが連結式になっているものが多いので、一本のポールの長さが短く従来よりもコンパクトに収納できる特徴があります。
コンパクトにできることは積載にとても優しいです❗️

安定したテーブル等があればランタンスタンドを設置できる
安定したテーブルや棚があれば、そこへ簡単に設置できます❗️一つあれば明るいテーブルが出来上がり、調理等がくらい場所でもランタンが設置でき灯りを確保できます💡

テーブル等の近くに設置するため頭上注意
テーブルに設置するので、うっかりテーブル近くでランタンを意識していないと、ぶつけてしまいます💧
常に頭上は注意が必要です😅

ランタンスタンドを固定する側の安定性に左右される
固定する側が不安定だと固定しているランタンスタンドも不安定になり、最悪倒れてしまう危険性があります。
そうなると、ランタンにも影響が及びます。
しっかりと安定したのを確認してからランタンスタンドを固定しましょう❗️

ランタンスタンド(ポール)の使い方

ランタンスタンド(ポール)の使い方
1.設置場所を決め地面が平らか、硬すぎないか柔らかすぎないか確認します。
2.ランタンスタンド(ポール)を取り出します。
3.スタンドの場合は足を広げます。
ポールの場合は打ち込みます。

4.安定を確認したら、高さを調節します。
5.ランタンを吊り下げます。

 

使い方はとてもシンプルかつ簡単なので、直感的に使うことができます。

使用する際に注意する点は地面の状態を必ず確認すること❗️

状態が悪いと最悪思わぬ事故につながってしまいます。

そのためにも、地面の状態は必ず確認しましょう❗️

ランタンハンガーの使い方

ランタンハンガーの使い方
1.ランタンを吊るすポールを決める
2.ポールが安定しているか確認する
3.ポールにランタンハンガーを巻きつける
4.ランタンハンガーが固定されていることを確認する
5.ランタンを吊るす

 

ンタンハンガーはスタンドやポールよりもさらに簡単に設置できます。

ただ、巻きつけるポールや巻きつけた後にしっかりと固定、安定しているか必ず確認してください。

固定されていなかったり、安定していないとランタンを落としてしまったり、思わぬ事故に繋がってしまいます。

ランタンを吊るす以外の使い方

ランタンハンガーはランタンを吊るす以外にも使い道があります

例えば☝️
袋状のものを吊るしたり、食器を洗った後にドライネットに入れて吊り下げ乾かしたりできます。

 

吊り下げるものであり、それほど重くなければ使い方は無限大です😊

ただし、ランタン以外の使用は自己責任でお願いします🙇🏻

まとめ

ランタンスタンド(ポール、ハンガー)は夜のキャンプでランタンを使用する時にとても重宝します。

ランタンスタンドは沢山のブランドから出されています。

形状や価格もそれぞれです。

自分が持っているキャンプアイテム積載できる容量見た目(👈ここ大事😊)価格などを考慮しながら探していくときっとお気に入りのランタンスタンドが見つかります❗️

お気に入りのランタンスタンド(ポール、ハンガー)を持ってキャンプに行きましょう❗️

✨笑顔のあるCAMP LIFEを✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA